趣味の域

img_5491.jpg

ELVESACTの沖浜です。

最近主催している57unionの影響もあり、フィルムカメラの質感にハマってます。

作品作りはもちろんデジタルでやっているのですが、

去年から今年にかけて一流ブランドの広告がフィルム写真だったり、根強い人気があります。

 

 

フィルムにはネガフィルムやポジフィルムなどいろんな種類があります。

ただコスト面などを考えると

デジタルでフィルムの質感が撮れれば最強

という結論になるわけです。
先日とある集まりに参加したのですが、

その際、KIRINやadidasなどの広告を撮影しているカメラマンに会い、

とても有意義な情報をゲットいたしました!
そして聞いたことを即日実行! 
 いかがでしょう?

これら、実はデジタルでフィルム質感に加工したもの!

 

 

どこか懐かしい、でもファッションがいまの時代なので新しい、そんな質感に仕上がります。


これだけデジタル写真が溢れる時代で一石を投じる写真はやはり心地よい違和感を与えること。

 

髪を綺麗に見せるのであれば

デジタルにした方がよいのは言わずともかな。

 

ただ目を引く写真は

フィルムの質感が今は新しいのかも!

というもはや趣味の域(笑)

 

美容師なんで髪を見せるときはきっとデジで撮りますが

突き抜ける、世界観を魅せるという意味ではフィルムも選択肢の一つとしていいと思います。
ヴィトンも100万くらいするコート、

一流のモデル、

そこに外しでフィルム写真で広告を打ち出す。

心地よい違和感が残り、記憶にも残る。
勘違いしてはいけないのは

ダサい服、

ダメなモデル、

で、フィルム写真にすると本当にダサい写真になること(笑)←当たり前
効果的なフィルム質感を模索していきながら作品の質もあげていきたいですね。
ご質問などはこちらからお願いいたします(^_^)→57union

 

★★★★★

 

只今、ELVESACTでは一緒に働いてくれる仲間を募集しております

アシスタント、スタイリストは問いません

美容で頑張りたい方、その気持ちELVESACTで発揮してみませんか?

サロン見学も行っておりますので是非ともご連絡お待ちしております!

求人情報の詳細は下記のサイトにてご覧ください

↓   ↓   ↓

https://elvesact.wordpress.com/

この記事を書いた人

沖浜 健一
Hair&makeup ELVESACT
Beauty salon ELVESACT LEGARE

代表 / onwer /photographer
沖浜 健一
KENICHI OKIHAMA
http://www.elvesact.com/

撮影や取材のご依頼などはサイト内のcontactからお願いいたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

人気記事

沖浜のネット予約はこちらです

instagram

お店のHPはこちらです

ELVESACTの求人サイトです

ELVESACTの通販サイトです

オンラインサロン「57 union」

ELVESACT公式twitter

ページ上部へ戻る